Logic
採用ロジック

LIONASで使われている手法を解説する前に、まずはFXの相場の解説から行っていきます。ある一定の方向を目指す値動きをしている相場がトレンド相場です。方向が上の時は「上昇トレンド」といい、方向が下の時は「下降トレンド」といいます。


下の画像のように横ばいになって、そこまで値動きが激しくない相場のことをレンジ相場と言います。

レンジ相場

FXの世界では相場の7割がレンジ相場と言われています。

上昇、下降、レンジ、この3つを把握することがFXで勝つ上では重要になってきます。そして、相場が上昇トレンドの時には買いを入れて、下降トレンドの時は売りを入れることを「順張り」と言います。その逆で、下降トレンドの時に買いを入れて、上昇トレンドの時に売りを入れることを「逆張り」と言います。

順張りと逆張りはどちらがいいのか?

FXの世界では順張りの方が王道のやり方であり、逆張りはあまり良くないといわれています。

順張り=王道

逆張り=邪道

といったイメージを持つ投資家が多いのもたしかに事実です。もちろん、初心者の場合は順張りの方が勝ちやすいのは事実であり、逆張りで勝つのは難しいのが現実です。つまり、逆張りはハイリスクハイリターンなやり方です。

世界一の投資ウォーレン·バフェットは
この逆張りを得意としている投資家

しかし、当たった時の利益が高くなる可能性が高いので逆張りを得意とする投資家もいます。世界一の投資家と呼ばれるウォーレン·バフェットは逆張りを得意としている投資家として有名です。実は、このLIONASも逆張りを使ったシステムなので勝てば非常に高い利益を得ることができます。

ハイリスクハイリターンである「逆張り」を使いこなして
長期的に安定して勝つことができる自動売買システム

今からLIONASの逆張りを有効活用したやり方をご紹介していくのですが、その前に昔から言われているFXの必勝法の1つを解説していきます。


その必勝法というのが、「ナンピンマーチンの逆張り」と呼ばれる手法です。予想した方向と逆に値動きがあった時に今よりも取引量を買い増していく手法です。


ロジックとしては非常に単純です。負けた時に取引する金額を倍にしていくことで、最終的には勝った時の利益でこれまでの負けが全て帳消しになるという手法です。

これはギャンブルでも良く使われる手法です。


例えば、

1万円負けたら2万円入れる。

2万円負けたら4万円入れる。

4万円負けたら8万円入れる。

8万円負けたら16万円入れる。

16万円負けたら32万円入れる。


こういった取引をした場合、最終的に32万円入れて勝った51万円の利益が出ます。これを繰り返すことで理論上は最終的に勝つことができます!相場の浮き沈みが安定しているレンジ相場では非常に有効な勝ち方です。


しかし、この手法にはとある弱点がありました。

負け続けることで手持ちの資金が
無くなってしまう可能性のある諸刃の剣

先ほどもお伝えした通り、相場がレンジ相場の時に非常に勝ちやすい手法ですが、負けを続けてしまうと倍の金額を掛け続けることで簡単に資金が無くなってしまいます。金額が大きくなれば一気に資金が無くなる可能性も十分にあり得るのです。


つまり、掛ける金額を増やしていくので負けた時に失う金額も大きくなるということです。もしもこれを裁量トレードで行う場合はハイリスクハイリターンな手法です。

正直、このナンピンマーチンの逆張りに関しては「諸刃の剣」と表現するのが最も適切でしょう。しかし、LIONASはこの諸刃の剣を使いこなすことに成功したのです。

LIONASはこの「諸刃の剣」を
どうやって使いこなしたのか?
安全に勝てるようにエントリーポイントを調整

これは本当に大切なことです。

なぜならば、エントリーポイントによって勝率は大きく左右されてしまうからです。

どのポイントでエントリーをするのかによって利益の出る金額も大きく変わりますし、利確や損切りのタイミングも変わります。


つまり、長期的に安定して勝つ上ではエントリーポイントは絶対に外せない要素です。

このLIONASは、どんな初心者でも安全に勝てるようにエントリーポイントをしっかりと調整しているので安心してください。全てこのLIONASにトレードを任せれば安全なエントリーポイントを選んでくれるので、安定して勝つことができます。

1日20~40回ぐらい取引して細かく利益確定

FXの世界では例え一回大きく勝つことができても、ずっと安定的に勝てるかどうかはわかりません。長期的に安定して勝ち続けるためには細かく利益確定をしていく必要がありますLIONASは1日20~40回ぐらい取引して細かく利益確定をしてくれます。その結果、現在多くの方が安定して長期的に勝ち続けることができています。


そして、勝率99.5%という普通に考えればあり得ない勝率をたたき出すことに成功したのです。もしもあなたに投資経験が無い場合や過去に自動売買システムを使って資金を 溶かした経験がある場合は不安に感じるかもしれません。

ですが、安心してください。これまでの実績がLIONASの勝率の高さを物語っています。

急騰や急落の際に損をしないような設定

自動売買システムの弱点は急騰や急落です。急に金額が上がったり、急に金額が下がったりすると、通常の自動売買システムを使っている場合は一気に損をすることも考えられます。ですが、このLIONASはできるだけ損をしないように設定されているので、急騰急落の際に損失の金額が少なくて済む場合が多いです。


「勝率が高くても大きく負けたら意味が無い」というのは投資の世界では常識です。

勝率が高い上に負ける時は小さく負けることができるのがこのLIONASの大きな強みです。ですが、相場が急騰急落の時はシステムを停止することをオススメしています。

ナンピンロットの調整

先ほどもお伝えした通り、ナンピンは危険な手法です。一回の負けが非常に大きいので裁量取引でFX初心者が使うのは非常に厳しいのが現実です。しかし、LIONASは初心者でも長期的に安定して勝てるようにロットの調整も行っています。ナンピンを行う際のロットも安全に取引を行うことができるように調整されているので安心してください。

レンジ相場の時に大きく利益を伸ばす

レンジ相場というのは値動きが大きくありません。しかし、逆に言えば相場が安定しているとも言い換えることかできます。その際に大きく利益を出すことが可能なのがLIONASなのです。

FX初心者は利益を大きく伸ばせるタイミングに関してはトレンド相場を想像しますが、このLIONASではレンジ相場の時こそ一番力を発揮するのです。他の自動売買システムとは全く違う動きをするのが大きな特徴です。このLIONASはこういった工夫をして安全性をかなり高めています。